U-13 県リーグvs YSCC

U-13 vs YSCC


一年生の県リーグ1stステージ最終節が川崎で行われました。
小学生だった彼らがライオンズの選手となり半年、徹底的に基礎技術の向上を求めながら、プロとして活躍できる選手の育成と、勝てるチームを目指して取り組んできました。
どんな形であれ、勝てばいい。
もちろん、この年代だからこそ、そうではありません。
頭の良い選手を目指すという目標の中で、彼らはピッチ内外にて適切な判断と向き合いながら、選手として、人としての成長を続けています。
ポゼッションサッカーをベースに、相手へと簡単にボールを渡さない。

常にゴールを意識しながら、最後は大胆な発想とダイナミックなプレーでゴールを奪う。
1対1で先ずは負けない意識を持つ。コンタクトを恐れず、相手から何度でもボールを奪う。数的優位を作りながら、全員が連動してゴールを守り、全員が連動してゴールを奪う。
こんな理想と目標に、少しずつではあるものの、近づいてきたと感じています。
その先にある個性を活かし(伸ばし)ながら、個の成長とチームの成長を、コーチとして選手たちに楽しませて貰ってもいます。彼らの頑張りに感謝。
そして、今日のゲームに対して求めたテーマはデイフェンス。
求められた内容に対して、選手たちの意識がとても高く、合格点!
テーマを頭に残しながらプレーしていることが最後まで伝わってきましたし、ピッチの中では、選手たちがテーマに対して声を掛け合いながら、プレーしている姿にも成長を感じることができました。

 

失点はゼロ。終始良かったなぁと久々に褒めました。
オフェンスではもう少しグランドを広く使えたら良かったのかな?
メインテーマがディフェンスだったこともあり、ベストなパフォーマンスではありませんでしたが、段階を踏んでいる途中ではあるので、オフェンスについては次につなげてもらいます。
半年で、とても良いチームになってきました。
選手はもちろん、必死で頑張っています。
笑顔と真剣さがいいですね。
この仲間が近くにいるのだから大丈夫。もっと高いレベルへ行ける。
課題は山ほど残っていますが、1つずつ時間を作りながらクリアにしていけるはずです。
まだまだ伸び代が沢山あるので、今後に期待して下さい!
後期は優勝してトップリーグへの昇格もあるか?
みんなで喜びたいなぁと、頑張っている彼らを指導していると、素直にそう感じます。
選手には自分たちで目標を立てて貰おうと思っておりますが、
彼らの頑張りを手伝いながら、向かう先をしっかりと示して、最高の結果と笑顔を引き出すつもりです。
ライオンズ臼杵

 

■試合結果

vs YSCC  2-0 〇

 

BIG NEWS