U-14 市民大会

横須賀市民大会 
vs浦賀中学校

U‐15が県リーグに参加の為、U‐14で市民大会に参加させて頂きました。
相手は浦賀中学校さん。
テーマはもちろん「三年生の為に勝つ!」、しかないですね。
もちろん、プレーに関してのテーマもあります。
最近のトレーニングでは、ロングキックを多めに取り入れています。
2年生になり、パワーのあるボールが蹴れるようになってきた為、ワイドな展開が少しですができるようになってきました。
今回与えたテーマは、「戦う姿勢、ボールの動かし方、1vs1での仕掛け、ワイドな展開、ギャップを使いタイミングを合わせる」といった内容で、
いつもトレーニングで伝えている事を試合でどれだけ意識して出せるかが重要です。
この中でも、戦う姿勢、ギャップを使う事に関してはビデオミーティングでしっかりと意識付けをしてきました。

最近の試合では立ち上がりの失点がかなり多く、この試合の開始5分間も危ないシーンがちらほら...
失点シーンも、両チームを通じて1本目のコーナーキックから。
「立ち上がり集中しよう」という声が、彼らからいつ出てくるのでしょうか?
チームとして「伝える、共有する」をもっとやっていかないとダメだと感じます。

前半のポゼッションでは、ボールの動かし方も良くできていた。
ワイドにポジションを取り、外から攻め、フィニッシュは中で崩す。
意図を持ちながらプレーしている選手が多かった。
細かい部分を言うと、質、タイミング、相手を観てプレーはできていたのかなど色々。
相手がズレた瞬間にギャップを作りながら狙う、出し手と受け手のタイミング、そこに多くの選手が関わる。
ボールがどこにあろうとお休みの時間ではない。
常に準備をし、予測をしておく。
まだまだここの部分の意識統一が出来ていません。
チームで統一していきたいポイントです。

前半をスコアレスで折り返し、後半にどのように戦うのかをハーフタイムで確認。
彼らは自分達でできていない部分を話していたし、なにをすればいいかも話していた。
後は全員で共有できるか?
共有できていたかな?
後半に入り、足が止まるシーンが多く見られた。
この辺はまだまだ足りない。
1試合を通して走りきる体力をつけるべし!!
 
課題も多く、足りない部分もありましたが、彼らはファイトしていました。
結果は負けてしまいましたが、次に繋がる試合だったと感じています。
クラブユースまであと半年、どこまで伸びるかが重要。
誰一人としてレギュラーの確定はない。
最後まで彼らは戦わなければならないし、試合に出たいならプレーでアピールするしかない。
サッカー選手なら口ではなく、プレーで表現!!
諦めず、ひたむきに、情熱を持ち、常に100%でプレーする選手にチャンスが訪れる。
自分を信じてプレーしよう。
僕も選手と一緒に戦います。
 
浦賀中学校さん、ありがとうございました。
 
ライオンズ中村
 
 
試合結果
ライオンズ 1‐3 浦賀中
 
得点者
岩崎千里
 
 
【選手紹介】
No16 間宮 玄
【ポディション】
DF.MF
【ペンネーム】
大仏
【コーチの一言】
とても真面目でサッカーと向き合う姿勢も素晴らしい。
最近ではプレーで悩んでいるように感じます。
悩む事が大切で、向き合っている証拠です。
玄なら乗り越えられると信じています。
スピードや賢さがあり、考える力もある。
もっと自由に、ダイナミックにプレーしよう!!
頑張れ!!玄!!

 

BIG NEWS

U-15高円宮杯(神奈川県大会)

途中結果はこちら/クリック拡大

2016-17年度
新中1生対象
セレクションPDF.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 747.4 KB
セレクション申込み用紙2016(PDF).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 213.4 KB